はぁ、はぁ、と息切れがする。

どれくらい走ったかわからない。

でも、止まってはいけない。



店の奥には、また扉があった。

その扉を開けた先は、まるで貴族邸のような、広く上品な空間が広がっていた。

その光景に戸惑いながらも足は止めずに、とりあえず目に入った大きな階段を駆け上がった。

すぐに、男が追って来た。

思いもよらない空間の作りに、私は感謝した。

貴族の屋敷といってもおかしくないであろう、部屋の数と広さ。

窓の装飾や、至る所に飾られた絵画や花瓶。

全てに高級感がある。

入り組んでいるために、上手く男から逃げられた。


まさか、小さな店内の奥に、こんな空間が広がっていたとは。

そういえば、ムクギが言っていた。

今や大富豪となったエルフォードと、先代から契約しているこの店は、それはそれは金が有り余っているらしい。

店を大きくする気もなく、ここには女店主ひとりしかいない。

当然だが、少し贅沢をしても、金は積まれるほど溜まる。

そこで女店主は、有り余る金の一部を使って、店の場所をここに移し、地下にこのような空間を作ったらしい。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。