「じゃあ、店主。買ってくね」



奴隷屋のテントの前で、青年はにっと笑ってそう言った。

彼の隣には、俯いていて表情のわからないファナがいる。


「……はい」


…先程、テントの裏で何があったのか。

突然、水に濡れた状態で店に入ってきたかと思えば、『あの娘を』と笑って言ってきたのだ。

しばらくして、やはり水を被ったファナが戻ってきた。

…彼女の表情は、六ヶ月前俺の店へやってきたときと、同じものだった。

何も感じることのないように、心の芯を閉じて。

無表情の瞳には、まるで何も映していないようだった。


彼女の髪は、もうほとんど乾いている。

フードを被っていないせいで、太陽の光に反射して、キラキラと輝いていて。

テントの前を通り過ぎる貧しい人々が、無遠慮な目でファナの美しい髪を見ていた。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。