俺が軽く睨むと、人々は慌てたようにファナの髪から目線を逸らした。

…こんなことも、もう出来ないのか。



「これ、金ね」


じゃら、と音がした。

見ると、青年が懐から片手に収まるぐらいの、小袋を自分に差し出している。

受け取ると、やけに重いと感じた。

失礼します、と言い中身を見て、目を見張る。

「こんなに………」

「それについては、何も言うな。黙って受け取って欲しい」

そう言われては、仕方ないのだが…

奴隷の売値に、定価などない。

大体の相場が決まっているぐらいで、細かな代金について、店主はいくらか訊かれるまでは買い手に任せている。


…しかし、この額は。

青年の差し出した小袋のなかには、銀貨に混じって金貨まで入っていた。

確かに、ファナのように見目の良い奴隷には、雑用に使われるような奴隷よりも高値がつくものだが。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。