上層部に貴族家がある、というのは、その言葉通りだった。

セルシアについていき着いたのは、村の外にあった階段を上がったところにある、大きな邸。

その周りには、緑の多い手入れの行き渡った庭園があった。

薔薇が咲き誇るその空間は、下層の村の様子と違いすぎて、別世界のように感じる。

貧富の差を益々感じ、私とルトは戸惑いを隠せなかった。

そして、最も目を疑うのは、目の前で堂々と庭を歩く、この気品溢れる少女。


「どうです?綺麗でしょう?この薔薇、美しい自然で有名な、クジェータという国から輸入したものですの」


ふふ、と微笑むセルシアは、自分の家の価値を信じて疑わない、貴族令嬢そのもので。

「…綺麗ですね」

ルトの言葉に、セルシアは可憐に美しく微笑んだ。


「でしょう?」


…本当に、ここは貧困の村ディアフィーネなのか。



この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。