「どうして、この色………?」

「暗い色だと、街とか行ったとき逆に怪しいだろ。俺も連れにくいし、夜もわかりやすいし。何より、お前の髪の色に合ってる」

細められた目に、私はなんとなく目線を逸らす。

…この男なりに、随分と考えてくれたようだ。

もやもやとしながらも、私は意外にも地味なデザインに驚いていた。

もう少し、派手なものを選んでくると思っていたのに。


「……シンプル、だね」


視線を、まだなんの汚れもついていない真新しい白へ向けながら、呟くように言う。

…ほんの少しの沈黙のあとに、私は目を見開いた。


「…あんまり派手なのは、お前が嫌だろ?」


ぱっと上を向くと、ルトの間抜け顔が見える。

…それは、目立つ服は私が嫌がると、わかっていたということか。

あまりに驚いて、私はルトを見つめ続けた。

彼はぎこちなく、私の髪を指差して。



この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。