出会いが突然だったように、

別れもきっと必然であり、

悲しいくらいに、突然。


どうか、どうか。

この旅路の終わりまで。

最後の一瞬まで。


その笑顔で、


貴方がくれた名前を呼んで。







気づけば、朝になっていた。

洞穴を照らしていた月明かりが、太陽の光になっている。

ルトに抱きしめられたまま、ふたりして寝てしまったらしい。

見上げると、綺麗な寝顔が見える。

…疲れているんだろう。

態勢が態勢なだけに、私が動くと起こしてしまいそうだ。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。