最初は、ただの依頼品だった。



奴隷と接するなんてはじめてだったから。

とりあえず固いかんじが嫌で、

呼び捨てにさせて敬語はやめさせた。


平民の下である奴隷には厳しくする、なんて器用な性格でもなかったから、

『友人』という立場を無理矢理つくった。


…多分、それがまずかった。


話してみれば、平民と変わらない普通の少女で。

…少し表情の変化が乏しいくらいで、普通の、実に普通の少女だった。


仏頂面して、意外とよく泣く。

ときどき、とても優しく笑う。

突然、目を見開くような行動をする。

…本人も驚いた顔をしていたから、きっとほぼ衝動的なんだろうけれど。


真が強い女だと思ったら、

変なところで脆く、儚い。


放っておけなくなって、

触れたくなって、

離したくなくなって。



この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。