捕らえられたら、

諦める。


無駄な抵抗などしないし、逃げようと企てもしない。


ただ、生きていく。

それだけのために、耐える。


それが『私』だった。



けれど、夢のなかでナタナが言った。


『今も、それができるのか?』


自分の頬に、手を当てる。

濡れていた。

涙のあとがある。


何故?


ナタナの邸でも、泣いたことなどなかったのに。

あの人に会ってから、私は泣いてばかりだ。

感情が溢れ出すのを、止めることができない。

耐えていれば、落胆して苦しくなることもないのに。



この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。