ルトの顔が見えなくて、不安になった。

戸惑った様子でこちらを見ていた店員に代金を渡すと、彼は無言で店の扉へ向う。


私とルトは、客の視線を一心に浴びながら、店を出たのだった。










この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。