スジュナについていくと、人通りの少ない通りに出た。

古びた建物が、ずらりと並ぶ。



「…る〜るる〜るる〜る〜」

そんな鼻歌が聞こえて隣を見ると、低い位置で頭がぴょこぴょこと跳ねていた。

スジュナはすっかり泣き止んで、晴れ晴れとした表情をしている。

きっと、今のこの顔がこの子の本来のそれなのだろう。


私がスジュナと手を繋ぎ、その隣をルトが歩く。

そうして、十分かれこれ経っただろうか。


ご機嫌にスキップをしていたスジュナが、突然口を開いた。


「おねえちゃんとおにいちゃんは、『こいびとどうし』なの?」


「…こ……っ……」


スジュナを挟んで普通に会話をしていた私とルトは、スジュナの言葉に固まった。

こい、びと………

恋人?

ルトが苦笑いしながら、スジュナに返事をしようとする。

「ちが……」

「誰がこんな男」

言い切る前に、私は真顔で返事をした。

「…ジェイド、ひどくね?」

ルトが、批難の目を向けてくる。

私はふいっと顔をそらすと、静かに言葉を返した。

「何が」

即答するべきところだろう。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。