「……違うの?」


スジュナの澄み切った子供の目に、ルトはわざとらしく胸を打たれたような仕草をした。

「おにいちゃん達はな…なんつーか…友達なんだよ。友達!」

「友達なのに、ふたりで旅してるの?」

「あ?あーっと…………」


奴隷と主人、とは、さすがのルトも言えない。

私はため息をつき、スジュナを見た。


「あのね、私達は友達だけど、そんなに仲はよくないの。ちょっと用があって、仕方なく一緒にいるだけ。恋人なんかじゃないわ」

「…………」


隣から視線を感じたが、無視。

スジュナが素直にそうなんだ、と納得してくれたので、安堵した。



この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。