「ん~……」


あれからあたしは、自分なりに念力を強くする訓練をする事にした。


「どうでしょう!」


「……まずい」


ガク。


まずいと言った瑛さんの目の前には、お味噌汁のお椀が置いてある。


朝食のお味噌汁に向かい、

(クラムチャウダーになれ!)

と念じてみたのだけど……。


お椀の中の液体は、奇妙な黄土色をしていた。


「……分子まで変えるのは無理でしょうか……」


「何でもいいから、元に戻してくれ」


「あ、はい」


もう一度念じると、奇妙な液体は普通のお味噌汁に戻る。


瑛さんはそれを一口飲んで、うなずいた。


「……なんか、新婚さんみたいじゃない……?」


「げっ!どんだけ亭主関白な新婚だよ!」


一緒に朝食を採っていた清良と太一が、眉をひそめた。


「変な事言わないで、二人とも早く食べて!」


そう言う内心は、迷惑なような、嬉しいような、微妙な気持ちだった。


この作品のキーワード
切ない  胸キュン  ファンタジー    予言  美少女  忍者  陰陽師  イケメン   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。