太一が途中で連絡してくれたおかげで、
家に着いたら、もうお風呂が沸いていた。



「清良、一緒に入ろう。
風邪ひいちゃう」


「えっ、見ちゃうけど良いの!?
ラッキー!」


「もう、冗談は良いから」



というわけで、うちの唯一自慢の大きな湯船に、清良と一緒に浸かった。



「清良ぁ……」


「ん?」


「まだ学校のはずでしょ?

なんで、太一も一緒にあそこに来たの?」


「うん、その話は後。

おじさんとおばさんからするから」



浴室の中に、清良の困ったような声が反響した。



「あの人は知ってる?

肌も髪も白い、紫の瞳の……」


「あぁ、一緒にいたイケメン?
わかんないんだよね。

知らないし怪しかったから、太一が追い払ったわけだけど」



太一が……。


やっぱり、あの鷹は太一のなんだ。


でも、あの人はあの鷹を『式神』と言った。


サングラスの男と同じように。


この作品のキーワード
切ない  胸キュン  ファンタジー    予言  美少女  忍者  陰陽師  イケメン   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。