濃紺のパイロットスーツに身を包み、切れ長の瞳を隠すほど深く被った制帽を微調整したアナタ。


 そして、綺麗な鋭角ラインの顎をL字にあげて、前を見て歩き出す。



 フロアーにいるCAもグランドスタッフも整備士も、皆みんなアナタの虜になっちゃう瞬間だ。



「はあ、行っちゃった。相変わらず、かっこいい……」


「うん、パイロットは花形だもんね」


「違うよ、三津谷さん単体のこと言ったの!

 あれで性格が良ければ最高なんだけどね。グランドスタッフなんか、眼中にない! て感じだもんね」



 私は、あはは、と笑って今日のフライトプランを確認した。三津谷さんのフライトは、チューリヒ空港か……帰りは三日後だ。












この作品のキーワード
密フェチ    制服  無口  パイロット  秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。