日曜日の朝になり、訳もなく部屋をウロウロした。


麻実から電話が来た。


「今、出掛けたの。どうすればいい?」


「○○駅に来てくれ。車で迎えに行くよ。」


○○駅を使用している社員はいないはずだ。


「分かった。後でね。」

オレは、車の鍵を手に家を飛び出した。

この作品のキーワード
不倫  結婚  妊娠  メール  別れ  再会  営業  愛している  部長  エレベーター 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。