ラブホテルの一室を
頼り無い間接照明が照らし出す。

それは地獄の法廷で
罪人の姿を映し出す鏡に照り返す蝋燭の炎の様…

罪人は瞳を伏せ
携帯で何事かを話す女を
じっと見詰め
幼さを残す面差は

改めて自分の罪深さを悔いていた。

この作品のキーワード
密フェチ  トリップ  狂愛  逆ハー  秘密  契約  誘惑  狂気  出合い  美男子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。