最近、社内でのいじめが

すっかり減っていた。

皆、諦めてくれたのか。


そんな考えが脳裏をかすめた。


・・・

でも、そんな簡単なものじゃなかった。


・・・

いつ置かれたのか。

秘書室には、私たち秘書課以外、

入れないはずなんだけど・・・


白い封筒に、手紙が一枚。


『午後7時、屋上で』


差出人もわからない。

一体何が私を待っているのか。

大きな不安を抱えつつ、

指定された、場所に、

時間ピッタリに、そこに向かった。


この作品のキーワード
社長  溺愛  秘密  過去  俺様  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。