「……ねぇ、樫木。」




「琉生で良いよ。」




2人歩きながらそんな会話をする。


今日はやけに樫木の声が近く感じる。


……同じ傘に入っているから当たり前なのだろうけど。




「……どうして今頃私と仲良くしてくれるの?」




ずっと気になっていたこと。




「時間ねぇな…と思ったから。」




いつもみたくおどけた調子ではなく、低い落ち着いた声。




「時間?」




「ふっ…中3なのにな。
もう遅ぇかと思ったけど…このまま終わるの嫌だから。」




一体、何を言ってるのだろう?