「なんか、こういうのっていいね」

「そうか?」

「うん。
なんていうか……こう……温かい感じ?」


俺と花音は顔を見合わせて、小さく笑った。


「俺らが普段、どんだけ寂しい生活を送ってんのかって話だよな」

「みんなからしたら当たり前のことがすごく嬉しいよね」


家に帰ったら誰かがいる。

ただいまって言ったら、おかえりって返してくれる人がいる。

温かいご飯が出てくる。

何も言わずとも、お互いを愛し合っている家族。


……そんな当たり前のことが、俺達の普段の生活にはない。