生まれてきた子供の名前は

和俊(かずとし)

になった。


和を大切にして、そして貴俊さんの名前から一文字もらった事できまった。


貴俊さんは入院の一週間は病院に泊まり込みだった。

自宅のふかふかベットで眠ったほうが疲れが取れるのにと私が言っても

「愛美が一緒にいないと眠れない…
 場所より愛美がいれば落ち着く・・・」

そういうのだ。

そんな風に言われてうれしいに決まってる。

特別室には泊まれるように簡易式ではあるけどベットもあった。

でも、そのベットは使われることもなく…

貴俊さんはいつも仕事から帰ってくると私のベットの横に入っていた。

何度か、病院のスタッフに見られて注意をされたようだったけど…

今じゃ、もう誰も言う人間はいない。

病院ではらぶらぶ夫婦と言われて・・・

雑誌に書いてあるのは本当の事だったと言われていた・・・


本当に恥ずかしい…でもちょっとうれしい。

この作品のキーワード
溺愛  社長  俺様  お金持ち  イケメン    妊娠  出産  独占欲 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。