「電話くれたら車で迎えに行ったのに。

あ、ケータイも置いてきちゃったんだっけ!」

「……うん」

「――黒川さんは笑ってらしたよ。

次回もお待ちしていますってお伝えくださいって。

あの人、ほんと上品でステキねぇ。礼儀正しくて。若いのに」

「……」


(次回――?)


そうだ。

次回も行かなくちゃいけないんだ。

すっかり忘れてた。


どうしよう。

どうしたらいいのかな。


あたしの頭は急に混乱しだす。


あの後薫さんに会ってから、「あれは怖がるほどでもなかったんじゃないか」なんて思ったけど。

薫さんの家を出て一人になると、やっぱりあの異様な目つきが脳裏をちらついて。

この作品のキーワード
純愛  初恋  年上  美青年  高校生  心理的問題  心の成長  じれじれ  切ない