===================

===================


今日で、もう個人レッスンも7回め。

週2回だから、もうすぐ1ヶ月経つことになる。

少しずつ緊張も解けて、あたしもすっかり打ち解けてきて、逆に行くのが楽しみになってきていた。


黒川さんは相変わらず、恐ろしく紳士的で礼儀正しかったけど。

ファミレスの時のような儀礼的な印象はなりを潜めて、自然な笑顔が出るようになって。

あたしがぺちゃくちゃ話す部活のことや絵のことなどを、案外楽しそうに聞いてくれた。


「黒川さんて、油絵が専門なんですか?」

「専門っていうわけでもないよ」

「あの……あそこに飾ってある絵の画材って何かなって思って。

油絵じゃないし」


あたしは、夢見るような美しい繊細な絵を差す。

あたしの好きな作風。


「ああ、あれはリトグラフ」

この作品のキーワード
純愛  初恋  年上  美青年  高校生  心理的問題  心の成長  じれじれ  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。