……どれくらい、そうして居ただろうか。




――――キーンコーンカーンコーン




鳴り響いた軽やかなチャイムに、ハッと意識を取り戻す。


修業のチャイム……6限目終わったんだ…。



一気に廊下が騒がしくなり、どこからか『バイバーイ♪』なんて声が聞こえて来る。


HRも終わったのかな……あたしも教室戻んなきゃ。



足に力を込めて立ち上がり、空き教室を後にした。








「…柚希!!」




教室に着くと、美喜ちゃんがあたしに気付き駆け寄って来た。



「どこ行ってたの!?6限目居なくて心配したんだから!」


「ごっめーん!ちょっとお腹痛くてさー!」



あははっ!とわざと明るく振る舞う。変な心配、かけたくないもんね。


美喜ちゃんはあたしの様子にホッと一息吐いて、安堵の表情を見せた。



「ならいいけど…これからは、何か言ってってよね!」


「うんっ。ごめんね美喜ちゃん」







この作品のキーワード
クール  おバカ  片想い  一途  胸キュン  甘々  イケメン  毒舌  長編