「やっ…山田くーん?」




手を引かれるがまま、何センチも上の広い背中に向かって呼び掛けるも、返答なし。


掴まれた腕が熱くて、全部の意識がそこに集中してる。


ついて行くのに辛くはなくて、あたしに歩幅を合わせてくれてるんだって感じて。




渡り廊下を抜けて、少し歩いた頃。


ドアの上ん所。
【保健室】のカードが異様な存在感を放つ。


保健室?……あっ!まさか山田くん、本当はケガしてるのでは!?





「…あのさぁ」


「山田くん大丈夫ですか!?」



保健室に入って、第一声。
見事に山田くんと被ったよーん。




この作品のキーワード
クール  おバカ  片想い  一途  胸キュン  甘々  イケメン  毒舌  長編