深夜1時を回るか、回らないか。


九重部長が出張だけあって、さすがにこの時間まで仕事をしている人はいない。


秘書室から持ってきた鍵。


社員証の裏にあるフリーパスのID。


ヒールは音がするから、ジャケットのポケットにしまっておく。


誰かが来ても急用ってことにして、知らん顔できるように。


出勤の時と同じ格好。


いざ!!


お宝の元へ。

この作品のキーワード
  禁断  果実  スパイ  犯罪  ベッド  契約  常務  部長  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。