潜入といっても、通常の秘書業務はあるわけで。


「それ、株主総会用だから、すぐに藤衛専務に持って行ってくれるかしら。」


茶色の封筒をあかりさんから渡された。


「うちは3人専務がいるから、間違えないように。」


皆瀬さんに念まで押されて。


「はい。」


急いで藤衛専務の部屋に向かった。


封筒の裏の右下の隅を確認して。


小さな○の印がないってことは、チェックしなくていいってことか。


フウッとため息をついた。

この作品のキーワード
  禁断  果実  スパイ  犯罪  ベッド  契約  常務  部長  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。