先輩とのデートが楽しみで午後の授業なんて全く頭に入ってこなかった。



「じゃ、トモちゃんみんなバイバイ」




ホームルームが終わると急いで教室を出た。



ダッシュで校門に行き成泰先輩を待っていた。



すぐに先輩がやってきたのが見えて思いっきり手を振った。



先輩が笑顔で手を振り返してくれる爽やかタイプではないけど、一瞬ニコッとしてくれたのが見えた。



この作品のキーワード
不良  ボス  最強  甘々  溺愛  高校生  先輩  胸キュン  切ない  純愛