翌朝、幸せ気分ルンルンで学校に行った私。





「菖蒲、なんかいいことでもあった?」





さすがトモちゃん。



トモちゃんはすぐにルンルンな私に気づいてきいてきた。



言いたいけど、幸せが逃げてしまうかもしれないとかお馬鹿なことを考えた。



でもやっぱり言いたくてしかたない。





「昨日ね、成泰先輩に告白したの」


「はぁ?また?同じ相手に2回もよくできるね」




3回なんだけどね。
トモちゃんには内緒にしておこう。





この作品のキーワード
不良  ボス  最強  甘々  溺愛  高校生  先輩  胸キュン  切ない  純愛