「……え?
……え?
行くって……。
どこに……?」


のんちゃんの腕に、腕を絡ませたまま……。


ドンドン近づいてくる五十嵐くんを、キョトンと見あげる。


すると五十嵐くんは……。


「バーカ、決まってんだろ。
そんなこと」


超生意気な顔を、楽しそうにニヤッと歪めた。


この作品のキーワード
胸キュン  ヤンキー  イケメン  甘々  俺様  秘密  天然