「明華、起きろ」





あたしは朝、龍斗の声で目覚めた




「ん・・おはよう」





「はよ、朝飯くいに行くぞ」





そぉ言って、まだ寝っころがってるあたしを抱き上げた





まぁ、お姫様だっこってやつ?





「んん・・・龍斗ぉ、おろしてぇ」





いつものあたしなら騒ぎまくるけど、基本あたしは朝が苦手だから






逆にこのままでもいいし





「明華太った?」




龍斗の一言にあたしの睡魔は飛んで行った





「うそっやだやだ、おろしてぇ」





この作品のキーワード
お嬢様  許婚  お金持ち  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。