『扉屋』
そこは、別世界への扉を売る店

店員は二人
主人である十五歳の少女、華蝶鈴
その助手の安立裕真

これは、そんな二人と
『扉屋』を訪れる者たちの
物語である

この作品のキーワード
ゴシック  ファンタジー  亜籬栖  異世界  別世界