そうしている間に、『中川君』は、私の上に馬乗りになり、制服のリボンに手がかかった。



必死で解かれまいとしてリボンを握っていると、『中川君』の右手が、私の頬を打った。


パチン



――怖い。




恐怖で、手足が動かない。

私は、ギュッと目を瞑った――