「何だ、一緒に入りたかったんですか?それなら、もっと早く言ってくれたら良かったのに」


「ちっ、違うわよっ!!昨日は柊君が大浴場に行ってくれたから、今日はあたしがそっちに行こうと思っただけよ!」


「そんなにムキにならなくても、ちゃんとわかってますよ」


またからかわれた事に気付いて、クスクスと笑った柊君を睨む。


「あ、すみません」


「……どうせ、悪いと思ってないくせに」


「そんな事ないですよ。それに、気を遣って貰えて嬉しいです。でも、俺は大浴場で充分なので、ここのお風呂は遥さんが使って下さい」


柊君はどこか嬉しそうな笑みを浮かべた後で、当たり前だと言わんばかりにニッコリと笑った。


この作品のキーワード
オトナ女子  アラサー  イケメン  再会  甘々  年下  溺愛  意地悪  強引  一途 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。