恭兄が、元気だとわかって、

私は、学校に戻ることにした。

・・・

学校に帰ったところで、

もう4時間目。

どっちでもよかったのに、

恭兄が行けって言うから・・・

・・・

教室に戻ると、

まだ休み時間だった。

「恭介様は?!」

私を見るなり、

恵が飛びついてきた。


「痛いって」

ガシッと掴んだ手が痛い・・・