彼の部屋には、少しの食パンとほとんど空の冷蔵庫。

「ごめん、何もないや」なんてバツの悪そうに頭をかいてそういう彼がなんだか可愛らしい。



「翔梧さん、いつも何食べてるんですか?」

「基本外食なんだよ。あと、弁当だな」


男の一人暮らしの食生活はひどいなんて聞いてはいたけれど、まさかここまでとは。

ストレスのせいか、あの日からまともに食事を受け付けなくなった体。
だけど、助けてくれた彼に、お礼がしたい。


「あのっ、食事作ってもいいですか?」

「作ってくれるのか?」


身を乗り出してそういう彼に、少し驚いてしまう。


「えっ、期待しないでください。簡単なものしか……」



この作品のキーワード
オフィスラブ  切ない  婚約者  キス  甘々  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。