「佑夜~、お弁当忘れてるよー。」




「え、ありがとう。お姉ちゃん。」


あたしは慌ててテーブルの上の
お弁当をカバンにいれた。



「…お父さん、行ってきます。」