「だからそれがなんだって言うのよ」

 ルミはもう我慢の限界だった。

ウジウジした態度を取り続ける彼に対して、

 声のトーンも上がり気味に怒鳴った。

 交際三年目の彼、佐原哲郎に、大事な話しがあると呼び出された喫茶店。

「彼女に子供が出来たんだ」

 告白を受け目眩を覚えた。

 私が彼女だったんじゃないの?

 最初は呆然と哲郎の話しを聞いていたが、

 身勝手、無神経にも限度がある。

 それを超えたらただのバカ