私は必要な荷物だけ持ち会社を出た

悲しすぎて

急すぎて

涙もでない



気づいたら知らない公園にいた

ここはどこなんだろう…


……どうでもいいや……


どうにでもなれ~




そのまま時間だけが流れた

会社をでたのは確か昼前

あっというまにあたりは真っ暗だった


季節は夏

昼間流れた汗はすっかり冷えきっていた

それでも暑さも寒さも感じない

全身の感覚が麻痺していた

この作品のキーワード
医者  せつない  甘々  過呼吸  秘書  御曹司  妊娠  出産  不倫  別れ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。