渉は私が落ち着くまでそばにいてくれた

誰かにこうしてもらうのも初めて

「あっりがとう…ござっいます」

ひくひくしながら私が体を離そうとしたら

ぐっとまた渉の胸に戻された

「泣きたい時は泣けばいい。苦しかったら助けてって言えばいい。遠慮はいらないから」

「……」

また涙が出そうだった

「ぎゅ~っ」そういって渉は強く私を抱きしめた

「うぐっ」

思わずあげた私の声に笑い転げる渉にまた救われる思いだった

この作品のキーワード
医者  せつない  甘々  過呼吸  秘書  御曹司  妊娠  出産  不倫  別れ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。