長身で年の割に若く見える柏木は、女性客の目当てでもある看板社員なので、昼の部を担当しながらも、夜も少しだけ出ていた。

 店が3店舗に増えてから、直がマネージャーということもあり、本店に入ることが少なくなっていた俺は、その日久しぶりに柏木を見たのであった。

 物腰が柔らかく、プライベートでも女性にもてそうな柏木だが、年がもう35になる。結婚はしないつもりなんだろうか、もう少し休みをやった方がいいのか、などと少し考えていると、携帯の着信音が聞こえた。

 自分のではないが、無意識に場所を探してしまう。

 近くにいたバイトのボーイが、近くの棚にあったスマートフォンを、慌ててひっくり返した。

 こちらを見ない。あまりにも不審である。

「何?」

「いえ……」

 相手は顔を見せない。

「誰のスマホ?」

 それにも答えない。

「落し物?」

 煮え切らないので、あえて涼しい顔をしたまま、スマートフォンをひっくり返してそのディスプレイを見てやる。

「柏木さんのです……」
  
 消え入りそうな声でバイトが答えた。

 頭がカッとなったと同時に、投げ捨てていた。

 冷静でいる必要はない。

 怒りを止めようとも思わなかった。

 ディスプレイには、「吉住 真紀」の文字が流れ、新着メールが来たことを知らせていた。

 柏木のことはどうでもよかった。

 それよりも、真紀を問い詰めなければ、と思った。

 店をそのままに、車に乗り込む。

 本店から自宅まではものの5分。焦る気を落ち着かせようともせず、乱暴にハンドルを操作し、すぐに自宅に着いた。

 午後10時過ぎたところなので、子供たちはもう寝ている。

 真紀は、子供が寝た隙にメールを送ったに違いない。

 車を自宅の前に停めると、車庫に入れる時間も惜しんで、キーだけ抜いて自宅に入った。

「真紀」

 暗い玄関に自分の声が響く。

 寝たふりをするつもりか、真紀は出てこない。

 そのまま和室まで歩き、何も気にせず、障子を開けた。

「えっ、何?」

 携帯を手に持ったパジャマ姿の真紀が、布団から半分起き上がる。

「ふざけるな!!」

 その大声に驚いた三男が泣いて起きた。

 辺りは赤ん坊の泣き声で、一気に騒がしくなったがそれも構わず……。

この作品のキーワード
夫婦  妊娠  専業主婦  甘い言葉  言葉責め  焦らし言葉  子育て  束縛  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。