ハッと目開けた。
 
心臓が痛いくらいにドキドキ鳴り、自分が眠っていたことを知る。
 
全身汗びっしょりになり、息をゆっくり吐かないと、鼓動を抑えることができない。
 
夢と現実が分からなくなり、枕元に置いてあるスマートフォンを確認した。
 
大丈夫、夢だ。
 
真紀は店には出ていない。
 
腕枕をしていたのに、知らない間に頭が離れていた。 

 いつの間に逃げたんだと、起きるのが分かっていて、その頭の下に腕を入れ込む。

 予想通り、真紀は一瞬眠りから覚める。

「ん……何時?」

 真紀は尋ねたが、それには答えず、

「真紀……真紀……」

 しっかり、握り締めるように、抱き着く。

「……うーん……痛い……」 

 それに対して真紀は、腕から少し逃れるように身体を動かす。

「…………。クルーズランチでもしようか」

「えっ!? ほんと!?」

 突然真紀は首をひねって後ろを振り返った。船で食事をとったのはもう随分前で、結婚する前のことになる。

「うん……。その次の休みは、映画。その次は……なんでも。真紀さんがしたいこと。
 子供を一時保育で一日だけ預けよう。僕が休みの日に。そして、2人で息抜きしよう」

 優しく、気持ちが伝わるように、囁く。

「うん……」

 真紀もそれにこたえるように、優しく腕を触ってきた。

「ゆっくりするのも家じゃなくてもいい。ホテル……ラブホテルとかどうかな? あんまり行ったことないけど、たまにはそういうのもいいかもしれない」

「あっ、行きたい、行きたい!! 船の次はそれがいい!」

 早くも大はしゃぎだ。

「シッ……みんな起きるよ……」

 言いながら、首筋をツーっと舐める。

「デートしよう……、特にラブホテルが楽しみだね……」

 
 

この作品のキーワード
夫婦  妊娠  専業主婦  甘い言葉  言葉責め  焦らし言葉  子育て  束縛  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。