三男が生まれた後は、年子の3人の世話で朝も昼も夜もなく、吉住の世話などする暇も当然なく、子供と寝て起きる生活になっていた。

 買い物に出ることもなかなかできず、5年前の結婚式に来てくれていた友人の結婚式にも、吉住の3店舗目の店のオープン日だったため、行きそびれた。

 それが、ずっと悲しくて仕方なかった。

 結婚式に出られなかったということよりも、後で送られてきた写真に、みんながオシャレをして、澄まして映っていることが羨ましかった。

 自分は毎日、汚れてもいいティシャツにジーパンをはいて、外で子供を遊ばせたり、ミルクを与えたり、おむつを替えたりすることで、時間が過ぎてしまっている。

 吉住が休みの日はみんなで買い物に行くこともできたが、アクセサリーなど、赤ちゃんが触って危ない物はつけることができないし、オシャレも低俗レベルだった。

「……働きに出たい」

 吉住が毎朝疲れて帰って来る姿を見て、そう言ったことは一度や二度ではなかった。
 
子供を預けて、外で自由に動き回る吉住が羨ましくて仕方なかった。

 その度に吉住に

「働きには出なくていいよ。俺がちゃんと食べさせていくから」

と、当然のように言われた。

 吉住の店が軌道に乗っているので、家計はもちろん安定している。高級スーパーも当然のように行くし、外車もキャッシュで払い終え、家のローンも繰り上げ返済できている。

夏はマリンジェットにクルーザー、冬はスキーにスノボー。遊びにもお金をかけられるし、洋服や持ち物を節約しなければならないことも、特にない。

 だけど、そうじゃなくて。

「修ちゃんのお店、少し手伝うとかでいいし。子供は保育園にも預けられるから」

 今日の朝は、更に現実的になおかつ控えめに言っても、

「僕の店は基本夜だから昼は仕事はない」

と、言い返された。本当は今、昼のランチの本格導入が決まったばかりで、昼も仕事があることを直から聞いていたのに、隠すつもりなんだと、腹が立った。

「……じやあ、他探す」

「あのね、こんな小さい子、他人に預けていてもすぐ熱出るし。その度に仕事休まないといけないんだからね。気安く雇ってくれるところなんかないよ」

 吉住はじっとこちらを見つめて言った。

「ちょっとでいいから……。週1回の仕事とか、そういうのでもいいし」

「そんな仕事ないよ。最低でも3日くらい入らないと。でも公立の保育園に預けるのは確か、就労日数が20日くらいは必要なんだよ。全然足りない」

「…………」

 そこを、吉住の権力でなんとかしてくれればいいのに。

「じゃあ聞くけど、何で働きたいの? 生活費は足りてるよね? 足りない?」

 吉住はこちらを見つめて聞いた。

「足りてる。けど、そんなんじゃなくて。私も、自分だけで何かする時間が欲しいし」

「それは仕事じゃないよ、趣味の時間」

「そうじゃなくて! 私も、子供預けて仕事がしたい。何かしたい。なんでもいいから!」

「何もしなくていいよ、真紀さんは。ここの家でずっといてくれたら」

「それが嫌なの!」

 私は言い切った。

「毎日子供の世話ばっかで嫌だ! どっか行きたい」

 吉住は溜息を吐いてから言った。

「なら、今度の休み、どっか行こう。真紀さんが行きたいところに」

「…………」

 子供が同伴するのは必須だ。

「上2人は直に預けよう。3人もはちょっと無理だけど」

「直君に預けるのも気遣うし! 悪いし……。せっかくの休みなのに。そんなら、保育園の先生に預けたら、2人きりで行けるじゃん」

 私は吉住を見つめた。

「僕は真紀さんを働かせないつもりで、結婚したんだからね、お義父さんやお義母さんにも苦労はさせないって約束してる」

「そんなの苦労じゃない! 私は働きたいって言ってるのに!」

 歯を食いしばって大声で反論するだけして、部屋を出た。

 喉の奥が熱くなり、目から涙が流れてくる。

 二階の寝室に入り、ベッドの上にごろんと転がった。子供たちはまだ、下の和室で寝ている。

 少しだけ、吉住にみていてもらおう。

 なのに、トントンと階段を昇る音がすぐに聞こえた。

この作品のキーワード
夫婦  妊娠  専業主婦  甘い言葉  言葉責め  焦らし言葉  子育て  束縛  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。