「黒瀬杏(クロセ アン)!」


「はっはい!」


高校の入学式。

校長先生が口にした私の名前が体育館に響きわたる。

その響く声の返事に私は声が裏返った。


クスクスと声が私の周りに飛び交う。


は、恥ずかしい…


だけど、皆も緊張しているようで、すぐに小さい笑い声は消えた。

一年生だから、皆一緒。

目をつけられないように、ゆるんでない制服、髪型、黒い髪…


「え…?」


私は目を疑った。