宏が真剣な顔つきになった。


宏がこういう顔をするときは、とてもまじめな

話になるときだ。


だから白はつい身構えた。


「お前と…黒瀬が屋上にいるの…

窓から見えたからさ。」


そうか…と白呟いた。


「お前、わかってんだろうな…?」


「あぁ…痛いほど分かってる。」


宏は痛い顔をした。


でもまた真剣な顔にもどって、