「橋本先輩ってかっこいいよね!私、告白しようかなぁ」



廊下を歩いていると、たまたまそんな会話を耳にしてしまった。




橋本先輩……


ボクも密かに想いを寄せる相手。


しかも告白しようかなと言っている女の子は、姫ちゃん並に可愛い子だった。



どうしよう……


このままだと先輩が……




「姫ちゃん!ボク、ちょっと行ってくる!」



隣を歩いている姫ちゃんにこう告げると、一目散に駆け出していた。




「えっ!?純ちゃーんっ、部活はー?」



姫ちゃんが後ろでこう叫んでいたけど、ボクは止まることを知らなかった。



ただ走る。



―――大好きな先輩の元へと