どれくらいここにいたんだろう。


今が部活中だということも忘れ、ずっとグランドを見つめていた。


突然、屋上の扉が開くまでは。




「ここにいたんですか、横井さん。探しましたよ?」



管弦楽顧問の内藤先生。


やばい、見つかった……


部活サボってたのバレちゃったし。




「部活サボってこんなところで何やってるんですか」


「……ごめんなさい」



分かりやすすぎる大きな溜息を吐きながら、先生が近づいてくる。


そんなに呆れた顔しなくても、いいのに……




「もうすぐ文化祭が近いんですから。ほら、早く行きますよ」


「……行きたくない」



何もやる気が起きない。


今日は部活に出る気分じゃなくて……