「きゃあああああああああ!!!!!!」

「お妃様ーぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

他の令嬢達から叫び声が聞こえる。

しかし、リーディング家の令嬢は、微笑んでいた。


しかし、ラルフはそれを気にすることなく、自分のきていたマントを脱ぎ捨てると自分も水の中に飛び込んだ。

「おっ王子?!!」

付き添いできていた幼馴染兼側近のデカルトが、戸惑っている声が耳に聞こえてきた。

アリシアは、水ぞこに落ちて行っていた

青ざめた顔で…。

僕は、何とかアリシアを捕まえ、地上に上がった。

「プハッ」

「おっ王子!!」

「誰か、医者はいないか?!!!」

「はっはい。王子。」

快く、医者が出てくれた。

この作品のキーワード
  王子  身分違い  甘い  偽装結婚   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。