アリシアは、今中庭に来ていた…。

満月が見える月明かりの下にいる彼女は、誰がみても美しいと思うだろう。

つまり、今は夜…。

アリシアの周りには、誰もいない。つまり、護衛もなしできたということ。

一人になりたかったのだ。

そう。一人の時間が…。

「この頃は、窮屈だわ……。」

アリシアは、育ちが良かったはずだから、教育を受けなくても良いぐらいの立ち振る舞い。

だから、国のことぐらいしか勉強しなくてすんだ。だからこそ、“暇”なのだ。





この作品のキーワード
  王子  身分違い  甘い  偽装結婚   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。