「千絵の家ってあそこのマンションだったんだ」

「知らなかった?佳祐と結構長く付き合ってたよね?」
 

「今まで気にしていなかったし‥‥‥

 それにお互いを干渉しない間柄だったから」

 
  投げやりな貴代の言葉は千絵に対して意地を張ったものだった。

 聞きたくても聞けなかった佳祐の家の場所。

 これ以上求めちゃいけない。

 歯止めを掛けていたもう一人の自分がいた。