はあ?


あいつ、バカじゃねぇの?


犯人を逆撫でるような事をせず、タイミングが来るまで兎に角大人しくしてりゃいいものを………。


その瞬間、佐助と目が合った。


作戦変更、俺は死角になっていた場所からスッと前に出て犯人を挑発する。


と、同時に佐助が犯人を投げつけた。


何とか事なきを得て、犯人も無事確保出来たから良かった。


マジ、こいつ、何考えてんだよ。


でもまぁ、今日はこいつの門出だ。


準備に時間が掛かったからキャバクラにて時間潰しなんかしたけど、


その甲斐あって、しのぶは歓迎会を心から喜んでくれた。


シャツの袖でガキ見てぇに目をゴシゴシ擦りながら大きなゴミが目に入ったんだって涙を拭きながら笑ってやがった。


俺はそんなしのぶにますます興味が湧いた。



この作品のキーワード
存在感無し  座敷わらし  イケメン社長  ネクラ  腹黒  コメディ  エキストラ  ドタバタ  mira!  m-love 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。